スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小さな命の行方。


我が家の近隣ではシスターズとお散歩の途中で

必ずと言ってもいいぐらいの高確率で

猫に遭遇することが多くてですねぇ


DSC_0801.jpg


ま、それはいわゆる野良猫なんですけども

その野良猫がもたらす糞尿被害や花壇を荒らされたりとかで

住民の方々も日々その対策に追われておりまして

我が家でも同じく被害を被ったひとりでして

折角大事に育ててきたお花を荒らされた事も度々あるのです。


IMG_1772.jpg



で、それらを踏まえて話を進めてまいりますが

昨日、仕事から帰ってくると

夕飯の支度をしている家内からこんな話を聞かされた。


「そこの角を曲がった交差点の街路樹で

子猫がカラスに襲われているんだけど私ではどうにも出来なくて…」


IMG_2579.jpg



私は疲れて帰ってきてたので話半分で軽く聞き流しながらこう応えた。


「弱者が強者のえじきになるのも自然の摂理なんやから

残念やけど、やむを得ないやろ…。」


でもねぇ・・・・・・・・・
 

あーーもぅ、面倒くせーなー

薄情者なんか言われたかねーし、様子だけでも見に行くか。

と、重い腰をあげて指示された場所へと向ってすると…


IMG_2572_20120624125614.jpg


結構、高い場所にある複雑に絡み合った木の枝で

身動き出来ずに引っ掛かっている黒い子猫がおりました。


IMG_2576.jpg


すると確かに、その側ではカラスが「カーカー」と

不気味な奇声をあげて、コチラの様子を伺っているではないかっっ


IMG_2578.jpg



正直、野良猫が増えるのも困ったもんですけど

こうしたシチュエーションを見てしまっては

何もせずして見過ごすってのも今後の夢見だって悪りぃだろう

なので私の行動でひとつの幼い命が救えるならば、と

ええ歳こいたおっさんが小学生以来の木登りをしちゃったわ~ 笑


IMG_2581.jpg

ってか木の上で写真撮ってる自分って 滝


で、両手両足を巧みに使って上へと目指してジリジリとよじ登り

何とか子猫まで手が届く範囲につきました。


ふーぅ ガキの頃の勘は衰えてないな。あはっ


IMG_2580.jpg


今、助けてあげるから動かずジッとしてろよ~

早速、手を伸ばして捕獲に取り掛かろうとするが

私に向って生意気にも「シャーッッ」と威嚇してくるではないか。。。


おいおいっ オマエなー

こっちも助けてやろうと必死になってココまで登ってきとんやで!

と、ブツブツ言いながらも再度手を伸ばしていくと

今度はネコパンチを食らってしまい少し怯んでしまった

すると、そのスキを狙って更に枝の先端へと逃げていくではあーりませんか!


IMG_2582.jpg


あぁあ、もうこうなったら打つ手はありません。

残念だけど、コッチはやるだけの事はやったんやからなー

厚情なおっさんを恨むなよ。

ま、日も暮れてカラスは向こうの裏山まで帰っていったし

今日の所は大丈夫だろう。。


んで、明くる朝、要するに本日の朝ですが

やはり昨日の子猫の様子が気になって

街路樹へと足を運んでみると…


IMG_2583.jpg


昨日と同じく相変わらずカラスの姿がそこにあった。

でも、あの街路樹では

目を凝らしてよーく捜しても子猫の姿が見当たらない。


IMG_2585.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・。

無事ならええんやけど…。

なんだかなぁ 今日の天候のように

心なしかモヤモヤが残る。。。



  1. 2012/06/24(日) 13:27:52|
  2. ターの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏に向けての準備。 | ホーム | テキトーに。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://deitokarin.blog107.fc2.com/tb.php/438-d71dcba4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。