スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あの子は今!?

確か、以前にもこの場でお話したかも知れませんが

私がこのブログを始めたキッカケとなったのが

この一冊の本に出会ったのが始まりでして


IMG_2339.jpg


あ、先にお断りしておきます。

本の内容に関することは今更述べなくても

皆さまもご承知かと存じますので

この場で詳しくお話する事は省略させて頂きます。


DSC_0296_20120222215248.jpg

おいおい 膝の上でマッタリしながらゆーなっ

もはや、ごはん食べる前から堕ちる寸前じゃん


で、なんてゆーかなぁ…

この本を読み進めているうちに

より一層コッカーライフの深みにハマった。ちゅーか。

達ちゃんが同じ犬種を飼って居られた事から

何となく親近感が湧いてきたってゆーのかなぁ

彼の愛犬に対する直向な姿勢がびんびん伝わってきて

いつしか彼と自分を重ねるようになり

いや、重ねるなんて言えば身分不相応ですね。ファンの方々スイマセン

えーっと、単純に言えば憧れだったかと思います。


自分にも当てハマる愛犬生活を記憶の中で留めていくだけじゃなく

棚に並ぶ本のようにいつでも誰でも引き出して見れる!?

若しくは、いつでも誰でも過去を振り返ることができる!?

みたいなモノを自分の許容範囲内で残しておこう…

と、思いたったのがこのブログの始まりだったのです。


DSC_0294.jpg

頼む… もうそれ以上語らないでくれ…

酒の量が増える。 泣


だけどねぇ…

如何せんガキの頃から苦手だった語学と文学は相変わらずでして

うだうだ書いてる内に少しは学が身に付くかなぁ~ 

…なんて淡い期待を寄せながら進めて参りましたけど

この歳になっても超~話下手なところは至って平行線。

たまに昔の記事を読み返したりするけど然程発展も無く

いつまで経ってもバカな話をしているな…。と

今や自覚を促すための所産と成りつつあるのです。

まあなんせ、仕事以外の知識はぜーんぶ右から左へと

快速列車のように通過しますので

今でも書いているうちに話がどんどん遠くへと逸れてしまって

ありり? 今日は一体何を話すつもりたんだっけ??? 

ってな具合な局面に陥るのです。 汗


DSC_0292_20120222222153.jpg


ほんなもん、端から想定内でしょ? あははっ


で。今日はブログを始めた時の逸話じゃ無くてですねー

本の主人公にスポットをあてた話をするつもりだったのです。ハハハ…

では、そーゆーことなのでそろそろ軌道修正いたします。 

して、いきなり話がドーンと飛びましてー 笑

著書にて彼が残した末筆では

この様に『2000年の春』と記されております。


IMG_2342.jpg


つまりは逆算すれば今から14年前の出来事なのですね。


達ちゃんは言うまでも無くTOKIOのメンバーとして

今でも活躍している場面をTV越しでよく拝見していますし

いわゆる過去の人みたいな扱いじゃないので

TVで観かけても其れほど気に留めたりする存在ではありませんよね。

ところがそれとは裏腹に

本の主人公である「じゅのんちゃん」は如何でしょうか?

その後どの様に暮らしているのか!?

ここはやはり皆さんも同じくヒジョーに気になる所ですよね。

しかも14年前ですから、それは尚更です。


でででっっ

はい。 HDRのディープなところから見つかりましたよ。

彼女もそれなりに年老いては居るものの

大きな病気もせず元気な姿を見せてくれました。

では、ゆーちゅーぶにうぷしましたのでどぞ。






なんつーか。彼の相手を思いやる心が?つーの?

接する仕草からも見るからに優しさがにじみ出ていて

益々、親近感が湧いて共感を持てました。


そして私共もゆくゆくは彼、彼女と同じ境遇に遭う立場。

正直、やんちゃ娘の行く末には多少の不安はありますけどね

それを今からヘコんでても仕方ないことなので

よそ見をせずに真っ直ぐな気持ちで見守っていかなくては。。

なんか上手くは言えないけど

ある意味、達っちゃんの姿勢が私の熱意を更に奮い立たせたというか

彼女達の為に最後の一秒までお世話係をしっかりと務めなくてはなぁ…と

胸中に期するところであります。


DSC_0301_20120222223801.jpg

今は話の途中やから少し待っててなぁ


それとねぇ、我が身を顧みず誰かの為に尽くせることがあるのって

それは苦労じゃなくて本当は幸せなことなんやなぁ…

と改めて考えさせられたように思います。


うん、何よりもじゅのんちゃんが元気で良かった!

テーマ:アメリカンコッカースパニエル - ジャンル:ペット

  1. 2012/02/22(水) 22:47:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<うるう年だけに。 | ホーム | そらね。。ショボいのは重々承知しておりますけど。>>

コメント

この前テレビ出てましたねー
ちょっとジュノンちゃん年とってて
彼女は元気なんだけど、
見てたら涙がでちゃいました。
最後まで楽しくワンズが幸せだったと思ってくれるように暮らしたいですねー
あの番組に犬コーナーに応募してるのに
山口君、我が家にはきてくれないなー
なんならオヤジと交代でもいいんだけど(笑)
  1. 2012/02/23(木) 11:35:47 |
  2. URL |
  3. イヴママ #nauCdapY
  4. [ 編集]

いやぁ~涙がでてきた。

「じゅのんちゃんと達ちゃん」
山口君のコッカー知ってたよ。
彼のジュノンに向けてる愛情を見ているとみんな一緒だね。
13歳?まだまだ大丈夫。
私の「れお君」16歳だったもん。

ター坊 いいお話聞かせてもらいました。
泣けてきました。

いつまでも、そばに居てほしい。
  1. 2012/02/23(木) 21:35:33 |
  2. URL |
  3. れおママ #-
  4. [ 編集]

イヴママさんへ

こらこらっ オヤジと交代って…
そら、アナタはそれでええかも知らんけどさー
全国のファンが黙ってへんで!
ほら、想像してみ!? 旦那がTOKIOのメンバーだと。。
どー見てもビジュアル的には…ちょっとな。 ギャハハ。
ほんま本人がココに居らんかったら言いたい放題やな! 笑

あ、来月の件。 いろいろ模索してますので
まとまり次第連絡するね~
  1. 2012/02/24(金) 01:11:59 |
  2. URL |
  3. ター #xWLyBRR6
  4. [ 編集]

れおママさんへ

愛しのレオ君は大往生やたんやね。
きっと幸せな犬生を送ってたんだなぁ。

うん、見てて私もちょっぴりウルウルきました。

まさしく
いつまでも傍に居て欲しいと願うばかりですね~。
  1. 2012/02/24(金) 01:23:12 |
  2. URL |
  3. ター #xWLyBRR6
  4. [ 編集]

あ、それ見てました~
我が家もじゅのんちゃんのふぁんでございます
もう13歳なんですよねぇ 早いなぁ
いつか来るその日になるべく後悔のないように
毎日を過ごして行きたいですね

で、山口君なら、うちも交換して欲しいんだけど 笑
  1. 2012/02/24(金) 03:43:20 |
  2. URL |
  3. もママ #-
  4. [ 編集]

もママさんへ

これこれっ 一時の母
いや、一児の母になったばかりやのに
何をほざいてるんでしょうね。
私というオトコがおりながら。って、ちゃうかっ 笑
うーん。。後悔ねぇ。。
女性って子供を産むと急に逞しくなるっていうからね
せいぜい体型維持に務めて下さいませー ぎゃはっ

では、以下から「山口君」禁止!
  1. 2012/02/24(金) 23:57:07 |
  2. URL |
  3. ター #wJP2kpKg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://deitokarin.blog107.fc2.com/tb.php/419-1e472167
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。