スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サヨナラのかわりに…。

我々が普段何気なく見ている星の光は

何億光年もの彼方から放たれた何億光年も前の光であり

遥か遠く離れた場所から気が遠くなるほどの長い長い年月を経て

心を魅了するほどの美しい光が届けられている。


だが、そんな無数の星たちも永遠とはならず

悲しいかなやがては燃え尽きて一生を終える運命にある。



ある日、近所のドッグカフェで

アイスコーヒーを飲みながらコッカー談議に花咲かせていたとき

突然『ほらっ 見て♪見て♪』と、ケータイを取り出し

そこに収めた動画を得意気な顔でわたしに見せた

彼女の顔からは満面な笑みが溢れていた。


わたしは、ん?どれどれと、そのケータイ画面を覗いてみる

すると、そこにはピッカピカのフルコートを靡かせた若かりし頃の彼が

口髭を蓄えた相棒と一緒に水辺をはしゃぎ廻り

元気良く潜ったり泳いだりしている様子が映りだされていた。

『今はお爺ちゃんやけど、あの頃はとっても元気だったんだよ♪』

と、傍に居る彼の身体を撫でながら当事の様子を振り返る彼女。

今ある苦労を物ともせず笑顔を見せて語る彼女は

大好きな彼と一緒に居られるだけでとても幸せなんだなぁ…。

そんな姿がとても印象に残っていました。


それからも彼は愛する彼女の為に来る日も来る日も

一生懸命頑張っていました。

よろけて転んでも病に倒れても

すぐさま起ち上がり元気な姿を見せ微笑み続けた。


大切な家族から沢山の愛情を注がれた彼は

それに応えるようにすんごい頑張った!


あたたかい腕に抱かれたくていっぱい頑張った!


みんなから褒めてもらう為にめっさ頑張った!


そんな強いオトコだったけど時には甘えたくて頑張ったんだ!


そう。。どんな事があろうとも

家族を悲しませない為に16年近くずーっとガンバリ続けた!




だが…。




新しい年が明けて間も無く

神戸の上空で新星が輝き始めたことを知ったとき

それまで綺麗に見えていた情景が

色褪せた写真のように霞んで何も見えなくなった。

下唇を噛み締めて見上げた夜空も星ひとつない暗闇となり

散りばめた宝石のように虹色に輝くパールブリッジも

港の側で紅色に燃ゆるポートタワーだって

水に打たれた焼鉄のように生気を失い

普段、道端に生える鮮やかに彩る草花さえも

枯れて見えるように

あの日の思い出とキミの面影が邪魔をし

何もかもが霞み何もかもが歪んで見えてくる。。。


サクラの花咲く頃にもう一度…と思っていたが

その願いは叶わなくなり今とても残念でならない。





キミは本当に頑張った。 

それに家族と友を想いとても優しくて

それに、それに賢くて素直で素晴らしい犬だった。


DSC_04771.jpg

おつかれさま。。


もうこれ以上頑張る必要ないんだね

これからは遠い空から静かに見守って下さい

どうか安らかに…。


 
犬生とはなんでこうまで儚いものなのか

いくらその子の健康を気遣って長生きさせても

我々の心底まで追いつかず

悲しみと亡骸だけを残して、あっけなくこの世を去っていく。

星のように…とまでは言わないが

せめて…せめて…

わたしたちと同じスピードで生き抜いてくれたらと

悲境に沈むたび我願い我思う。


先の事は誰にも詠めまい

生きている以上

避けて通ることが出来ない生と死の狭間に居りながら

こうして永遠に刻まれる悲宝がまたひとつ

心の中に宿ってしまった事実に立ち向い

彼がこの世に存在してたことを決して忘れまいと喪に服す。


テーマ:アメリカンコッカースパニエル - ジャンル:ペット

  1. 2011/01/29(土) 00:13:12|
  2. ターの独り言
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。