スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Mourning

1fb63c89a6defd955aa4109038f86735.jpg

今日でちょうど一年が経つ

キミが心待ちしてた春が立つ日

冷たい風が胸の奥深く凍みてボクはなんだか切なさを感じていた
 
薄暗い外では空から迎えを待つ粉雪が悲しみを積もらせ

降りしきる雪で霞む いつもの景色

キミと はぐれないようにつないでたカラビナが

突然 渇いた音を立てて無慈悲に外れたんだ

8e7d192fadd5c3012204b17e445d72cc1.jpg

雪積もる土手の上

いつもと違うざわめき 

冷たい風

明るく見送るはずだったのに 

うまく笑えずにキミを見ていた


キミが星になった その季節が

悲しい詩で溢れないように

最後に何かキミに伝えたくて

「さよなら」に代わる言葉をボクは捜してた


それまでキミのリードを引く役目が

ボクの使命だなんて… そう思ってた

911f8c9d50e24dc6d92d5a66be97e0401.jpg

だけど今わかったんだ
 
ボク等の重ねた日々がほら…

空に架かる虹の橋へと導いてくれる



キミが星に変わってく その時間が

降り積もる間にボクも変わってく

たとえばそこにこんな絆があれば

ふたりはいつもどんな時もつながっていける



突然ふいに吹雪く風切る音

つれない風がキミをさらって逃げ去ろうとしている

焦るボク 

どんどん遠くへと離れていくキミ

夢中で呼び止めて ぐっと抱き締めたんだ

キミがどこにいったってボクの魂で守るよ


キミがボクの前に現れた日から

何もかもが違く見えたんだ

朝の光も沈む夕日も夜空の星も零れる涙も

キミが輝きをくれたんだ


抑えきれない思いをこの詩に乗せて

遠くキミの空へ届けよう

たとえばそれがこんな絆だったら

68de065f6ca00526969ac043394146b61.jpg

ボク等がどこの世界にいたとしても

つながっていける



素晴しい友情よ永遠となれ…


テーマ:アメリカンコッカースパニエル - ジャンル:ペット

  1. 2009/02/04(水) 00:56:53|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。