スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

さくらんぼ。いっぺんに2個落ちた・・・

相変わらず不器用な男が書いた記事をみて

不思議に思っていた方も多いはず。

それにコメント欄も閉鎖したまんま、放置してて

ほんま、すいません。


先日、皆さまから頂いたコメントのお返事が終ったのが午前1時前

その後、いつもの様にブログ巡回。  

早く寝ればいいのに

どうしても伺いたいブログがあって・・・

それは、高齢で心臓病を患っていた 

キャバわんこのぺぐちゃんのいる所。

病気で闘ってきた彼の事がずっと気になっていた。

経過と動向が心配で覗きに行ってみたら

「忙しいのでお休みします」と、書いてあった

えっ!?

じゃぁ「頑張れよ」の一言だけコメントして帰ろうと

コメント欄を開くと・・・

受け付けてない。

なんかオカシイ?と直ぐに分かった

嫌な予感をしながらも、私は直ぐにメールの受信確認をした

案の定、飼い主の彼女からメールが・・・

正直、内容を確認するのが怖かったが、届いたメールを開いてみた。

予感が的中していた。

彼女からの悲しい知らせだった。

「いっちゃったよ」

それを見た瞬間

彼の事が脳裏に過ぎり

涙があふれて止まらない・・・

いずれこうなる事をわかっていながらも

友に、かけてあげる言葉すら見つからなかった。。。


見るもの全てを真っ直ぐ信じるクリクリした瞳

大好きな土手で、ウルサクはしゃぎまわるパートナーをよそに

大好きな草と静かに戯れるあの仕草

だけど、パートナーの事は決して忘れない優しいハート

時折、とぼけた表情を見せながらも実は繊細で淋しがりや

そこは飼い主に似たんだろう・・・

それに・・・それに・・・あの・・・デカチン。

なにもかもが、彼であって

それが彼そのものの、存在感でもあった・・・


もう、彼に会えないのは悲しく辛い事だけど

その最中にも気丈に振舞っている彼女を想うと

いつまでも悲しんでいられないよね。


ぺぐちゃん見てきましたよ。

静かに瞳を閉じて安らかに眠ってましたね。

安心しました。


ほんの数日前

別の記事に使おうと彼女から許可を取って

頂いた画像を掲載し  (こんな事に使うとは・・・泣)

ぺぐちゃんのご冥福をお祈りして

最後のメッセージとさせて戴きます。

831183d4d9ef422ff923f7d1105ca1f5.jpg

ぺぐちゃん ありがとう!!

6c5bbda58edbc590176ed09a9be94b67.jpg

ぽんちゃん ありがとう!!

それに、ぺぐこさん率いる雪国のスパニエルよりのすべてに

楽しい思い出をありがとう。


いつの日かまた

その笑顔に再会出来る事を心よりお待ちしております。



コメント欄再開しましたが私からのお返事は致しません

勝手申しますが心をよんで頂きたく思います。
  1. 2008/02/07(木) 14:16:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<ぽんVSロゼ | ホーム | 友よ・・・>>

コメント

きっとまた

ぺぐちゃん、あたしも大好きでした。
そして頑張ってるぺぐちゃんと気丈に気を張ってるぺぐこさんがはっきりわかったこの頃でした。見てて辛かったな。
でも二人とも頑張ってる!だからあたしも!って頑張って見守ってきた。
あたしもあの日、朝起きたら携帯に訃報が。。
それから昨日のUPまで何度覗きにいったかわからない。
でも優しい顔のぺぐちゃんを見て安心しました。
彼は本当に愛されてた。
きっときっとまた会えることを信じて。
  1. 2008/02/07(木) 19:39:31 |
  2. URL |
  3. みふゆ #/9KtMnQo
  4. [ 編集]

私も、ぺぐこさんから早朝にメールが入ってるのを見た時、
このメール、見たくない!と思ってしまいました。
でも、彼は本当に幸せ者だよ。
ぺぐこさん、ご家族はもちろん、一度も会ったことない私たちまで
こんなにぺぐちゃんのことを想ってるんだもん。
絶対絶対、幸せな生涯だったと断言できます。
そしてぽんちゃん。
いてくれて本当によかった!
もしかしたら、ぽんちゃんが一番辛くて悲しいのかもしれない。
でも、きっと今頃、傷心のご家族の太陽になってるんだろうね。
ふたりはずっとさくらんぼのままです。
  1. 2008/02/08(金) 12:53:03 |
  2. URL |
  3. jamjam #Pn1Qvjxc
  4. [ 編集]

ぺぐこさんの事はあまり知らないけれど、ここからたまにどんな子かなって、覗きに行ってました。
今日、ターさんの記事を読んで、びっくりしてぺぐこさんの所へ行ってみました。
ワンコの方が寿命が短いから、こういう日は必ず来るのは分かってるんだけど・・・辛いね。
記事を読みながら、涙が止まらなかった・・・
いずれ私もケビンやシフォンとの別れがやって来る・・・
その日が来る事を覚悟しておかないといけないのか・・・
ほんと辛い事やね。
ぺぐこさんが、早く元気になれるよう、ぺぐちゃんのご冥福と共に祈ってます。


  1. 2008/02/08(金) 23:24:01 |
  2. URL |
  3. シフォンまま #LigYd6Sw
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://deitokarin.blog107.fc2.com/tb.php/100-07a0e824
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。