スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

結婚記念日

歌うたいのバラッド 

  
置き去りにされたカビ臭いアルバムの中には

とても懐かしい思い出が沢山詰まっていた。


IMG_0692.jpg



色あせた写真に映り込む二人の記憶を辿れば

甘酸っぱい挫折としょっぱい経験の連続だった。



IMG_0693.jpg



あの時

ふたり一列に並んでスタートラインに立ったのは

精一杯大人に近づこうと背伸びしていた18歳のころ。


IMG_0669.jpg


見上げればいつでも、まるで二人の希望のように

こぼれそうな光が輝いて

届かないその手を伸ばしてた。


DSC00228.jpg


その希望をいつか掴んでやろうと

そっと胸に抱き位置についた時

どちらが先にスタートの合図を出したのか

もう、よく覚えていない。


とにかく、そこから始まる道のりを上手く駆け抜けようと

無我夢中だったのは確かだった。


DSC00229.jpg



目的地を示す未来予想図は空っぽで

手探りだけで進もうとしていた道のりは

まるで真っ白いマップの上に

色鮮やかな絵の具だけを並べて

見えない未来への道標を

夢で描いているようだった。



IMG_0604.jpg



一寸先は何も見えない闇の中

それでも勇気を出して一歩ずつ一歩ずつ

前へ前へと足を踏みいれて歩み進める


IMG_0610_20100304223543.jpg



闇雲に歩けば、目前に憚る高い壁

避けるように横切れば深い谷底が見える崖っぷち

困難な物事に対して立ち向かう事をせず

苦労を避けて安堵の道を探ると

臆病な自分に投げかける世間からの冷めた視線。


IMG_0611.jpg


それまでは若さ故にイキがっていた自分が

自ら理想を求めて飛び込んだ大人の世界だったけど

理想と現実の狭間に立ち、戸惑いを感じはじめると

見失った道を探り

同じ場所を行ったり来たりうろたえて

時には躓き、時には転んだりと

格好悪くってサマにならない自分がそこに居た。


IMG_0612.jpg


そんな自分の仕草を見て

影からそっと手を差し伸べてくれたのは

いつもアナタ。


IMG_0615.jpg


顔にドロがついてればクスッと笑い

服の袖口が綻んでると黙って直し

靴底の穴を見つけると頑張ったんやな…と苦笑い

いつしか会話がなくても通じあう仲になったよね。



IMG_0620_20100304225307.jpg


IMG_0621.jpg

IMG_0622.jpg


IMG_0623.jpg


IMG_0626.jpg


今日まで同じ月日を過ごしてきた長い道のり

共に泣いたり笑ったり喧嘩したりと歩み続けて24年

途中で正道からそれてしまい遠回りしたかも知れないが

ずっと探していた理想の自分に

少しだけやけど近づいたと思う。


IMG_0632.jpg

IMG_0631.jpg



朝、顔を見るなり

『今日はなんの日か覚えてるぅ~?』と問いかけるアナタ。



勿論、覚えておりました。


IMG_0635.jpg


でも、わざと

しらんぷりして何も答えずニヤっと笑ってはぐらかす。


偏屈で照れ屋で人間臭い自分やから

面と向かってどういう言葉で

気持ちを伝えればええんかわかんなくって…。


IMG_0636.jpg


誰よりも自分の性格を理解しているアナタなら

敢えて言葉にせんでもわかってくれていると思うけど

なんてゆうかな。。


幸せな気持ちがヒトを優しく素直にさせる。。 


かな。


DSC00230.jpg


だから今日はこの場を借りて

感謝の気持ちをひとことだけ言わせてください。








DSC00231.jpg


いつも支えてくれてありがとう。

おそらくこの先も苦労をかけるだろうけど

これからもヨロシクな!


スポンサーサイト

テーマ:アメリカンコッカースパニエル - ジャンル:ペット

  1. 2010/03/04(木) 23:18:51|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。